アロマテラピーで症状を和らげる

アロマテラピーで鼻炎解消

アロマテラピーで鼻炎解消

鼻炎を改善する予防医学として、サプリメントの他にアロマテラピーが挙げられます。

 

アロマテラピーと聞くと、日常で取り入れるイメージはリラクゼーションでラベンダーなどの印象が強いですが、鼻炎を和らげる働きもあります。

 

 

鼻炎に効果のある代表のアロマオイルとして、「ペパーミント」があります。

精油の中でも刺激が強く、少しひんやりする感じのミントの香りが特徴です。

 

スースーする効果もあり、鼻の通りを良くするだけでなく、頭痛や眼精疲労にも効果的であったり、咳なども沈めてくれます。

 

「ユーカリ」も少し近い香りになりますが、スースーではなく、ウッディ系の香りです。

のど飴にもよく配合されています。

 

鼻や喉に良い植物として知られています。

 

「ラベンダー」もフローラルな香りですが、鼻づまりに効果があると言われています。

 

「パイン」は甘めの香りで、呼吸器系のトラブルに良いとされています。

 

他にも「カユプテ」「ニアウリ」などがあり、鼻づまりに効果があると言われています。

 

これらの使用方法ですが、一番簡単に使用できる方法として、ハンカチやティッシュ、マスクに1滴精油を落として香りを吸い込む吸入法。

 

ペパーミントなど強めの香りは刺激が強い場合がありますので、注意が必要です。

 

アロマバスも良い方法です。

 

1〜3滴の精油を浴槽に垂らして入浴します。

 

ゆっくり深呼吸することで、鼻から吸い込むこと、とても微量ではありますが、皮膚からも吸収されます。

 

アロマスプレーも持っていると便利です。

 

無水エタノールを計量し、容器に入れてそこに精油数滴を垂らします。

 

その日の症状や気分に応じて数種類持っているとより便利です。

 

以上のように、アロマテラピーを上手に生活に取り入れることで、鼻炎の改善と共に、リラックスした日々をお過ごしください。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ