鼻炎の診断

鼻炎の診断をする検査

鼻炎の診断をする検査

鼻炎の診断は、詳しい問診と鼻粘膜の状態を観察する視診が主になります。

 

問診は、

  • 症状が始まった時期、
  • 季節との関連性、
  • 風邪をひいているか、
  • 過去の病気やアレルギーを持っているか、
  • 家族の病歴

を確認します。

 

また、生活習慣や食生活なども確認していきます。

 

視診は、鼻粘膜の腫れや発赤の有無を確認します。

 

アレルギー性鼻炎が疑われる場合は、「鼻水検査」を行います。

 

鼻水に含まれる「好酸球」の量を調べます。

 

アレルギー性鼻炎では、白血球の一種の好酸球という細胞が血液中や鼻水の中に増加すするからです。

 

量が多い場合は血液検査をして、血清特異IgE抗体検査を行います。

 

アレルギーと関係するIgEという抗体がどんな種類のアレルゲンと結びつくのかを調べるためです。

 

また、パッチテストを行い、様々な抗原のエキスを鼻の粘膜につけ、どの抗原で症状が出てくるのかを調べます。

 

鼻鏡検査も一般的な検査です。

 

専用のスコープを鼻の穴に入れ、鼻の粘膜の状態を観察しますが、鼻の粘膜が全体的に腫れており、透明な鼻水が出ている場合はアレルギー性鼻炎で、副鼻腔炎、鼻ポリープも同時に観察しています。

 

以上の検査が陽性であれば、鼻炎と診断されることは確実です。

 

しかし、一般にパッチテスト、血清特異的IgE抗体が陽性でも原因がアレルゲンでない場合もあったり、パッチテストと血清特異的IgE抗体の症の結果が一致しない場合もあるので、問診をしっかり行い、総合的な判断を要求される。

 

私達が検査を受けるにあたっては、問診の際などに、正確に医師に伝えなければいけないので、忘れてしまいそうであれば、日頃の症状などをメモしておき、問診時に持っていくなど工夫をすることも必要である。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ