お茶を飲んで症状を緩和する

鼻炎に効果的なお茶

鼻炎に効果的なお茶

鼻炎の予防医学として

  • 生活を見直す、
  • 運動、
  • 食事、
  • 睡眠、
  • アロマテラピー、
  • サプリメント

だけでなく、お茶を取り入れてみるのも良い方法です。

 


日常の水分補給でお茶を摂取する機会は多いと思いますので、それを鼻炎に効果のあるものに変えることで、薬は苦くて苦手という方でも気軽に飲むことができ、子供でも抵抗がなく飲めますよね。

 

まず、「緑茶」が挙げられます。

茶カテキンが豊富であることは有名です。

 

茶カテキンはポリフェノールの一種で、花粉症で有名なメチル化カテキンはそのひとつです。

 

アレルギーの方は、なるべく農薬を使用していないものを選びましょう。

 

次に「甜茶」です。

甜茶成分でありポリフェノールがヒスタミンを抑制し、抗ヒスタミンや抗炎症作用を持つことから、アレルギーや花粉症に効果があるとされてきています。

 

「なた豆茶」も人気です。

なた豆はアジアやアフリカの熱帯地方が原産と言われており、古くから漢方薬としても使用されていました。

 

排膿効果が有名で、蓄膿症などの膿のたまる症状には効果的であるといわれています。

 

なた豆成分のカナバニンは炎症を抑える働きがあり、鼻炎症状の緩和に役立ちます。

 

また、コンカナバリンAという成分には免疫改善の効果もあり、様々な病気や関連した症状にも効果的であるといわれています。

 

他には「べにふうき」というあまり、馴染みのない名前のお茶もあります。

べにふうきとは、日本初の紅茶専用品種の「べにほまれ」と中国系のダージリンを交配して作成したものです。

 

こちらにも緑茶と同様にメチル化カテキンが多く含まれており、花粉症対策としても人気を集めています。

 

そして、健康茶として名高い「ルイボスティー」があります。

ルイボスは南アフリカ山岳地帯で栽培されるマメ科の植物です。

 

このルイボスの葉を発酵、乾燥させたのがルイボスティです。

 

ミネラルが多く含まれており、特に人間が不足しがちなリンとカルシウムも含まれています。

 

抗酸化作用があり、活性酸素を除去する作用があり、鼻炎だけでなく、様々な病気にも良いとされています。

 

カフェインレスですので、子供にも大丈夫ですが、過剰摂取は控えましょう。

 

最後に「シジュウム茶」です。

シジュウムとは、南アフリカの熱帯地方を原産とする植物で、古くから民間薬として使用されてきました。

 

ミネラルとポリフェノールのタンニンが多く含まれており、抗酸化作用と免疫アップの効果があります。

 

特にタンニンは、ヒスタミンやロイコトリエンという鼻炎症状を起こす原因の分泌物を抑制する働きがあります。

 

厚生省からも助成金が出ているほど注目されているものです。

 

こういったお茶は薬ではないので、即効性はありませんが、普段のお茶タイムに取り入れていき、無理のない治療を行っていきたいですね。


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ