鼻づまりの解消法

その場で鼻づまりを治す方法

その場で鼻づまりを治す方法

鼻づまりはつらいですよね。

 

頭もボーっとしますし、匂いもわからないのでご飯も美味しくないですし、酷いと苦しくて夜も寝られません。

 

そんな時に瞬時に鼻づまりが解消される方法がありますので、いくつかご紹介していきます。

 

まずは鼻を温めます。

 

温めることで、鼻周辺の血行がよくなり、鼻の通りがよくなります。

 

次にツボを押します。

 

「晴明」という目頭と鼻に付け根に骨との間にあり、眼が疲れた時に押す場所です。
「迎香」も押します。
小鼻の左右、それぞれの最も広がったとところです。
「鼻通」は迎香の少し上にあり、くぼんだ場所です。

 

これらをゆっくり指の腹で少しずつ力を入れて押してゆっくり離していくと鼻が開通しています。

 

そして、呼吸法でも改善します。

 

鼻から息を吸ったら鼻をつまみます。
そのまま顎を引いて下を向いて10秒間腹筋に力を入れます。
ゆっくり戻します。
鼻が開通しました。

 

下を向くだけでなく、上下に動かしても同様に効果があります。

 

深く息を吸ってから、吐く息がなくまで吐ききります。
鼻をつまみ、頭を上下にゆっくり動かす。
上を見てから下を見るまで2秒くらいの間隔で。
息がこれ以上ないと厳しいというところまで続けます。

 

腹圧を高めることで、鼻の交感神経が刺激され、鼻づまりが解消されるそうです。

 

また、ペットボトルを脇にはさむだけでも解消されます。

 

左の鼻なら右脇、右鼻なら左脇。
これを行うことで、交感神経が働き、鼻づまりが解消されます。

 

他にも、舌で口の上部を押さえつける。
舌を離してから、指2本で両眉毛の間を抑えつける。

 

これを鼻づまりが治るまで20回くらい繰り返します。

 

玉ねぎの匂いを嗅ぐ、ミントのアロマを嗅ぐ、鼻うがいをする、など他にも様々な方法があります。

 

自分のやってみたい、もしくはあっている方法でぜひ、鼻の通る心地よさを実感してください。


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ