アレルギー性鼻炎「季節性鼻アレルギー」について

季節性アレルギー性鼻炎とは

季節性アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎には、

  • 年間を通して起こる「通年性」
  • 一定の季節に限って起こる「季節性」

の2種類があります。

 

「季節性」のほとんどはスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因です。

 

特に春か夏、または秋に発症します。

 

いつ起きるかは、何にアレルギーを起こすかによって決まります。

 

アレルギー反応は主として鼻の粘膜、まぶたの粘膜と結膜に起き、皮膚のかゆみ。鼻水、涙目、目の充血などの症状が見られます。

 

具体的には、鼻、のどの奥、そして眼がかゆくなります。

 

鼻水鼻づまりが起こり、鼻づまりから小児は中耳炎になる場合もあります。

 

鼻が完全に詰まって頭痛がする場合もあります。

 

くしゃみもよくある症状です。

 

また、時にはひどい涙目になり、かゆみが出ます。

 

目が充血したり、まぶたが赤くなって腫れたりします。

 

他にも、咳、喘息、過敏症などや、気分が沈んでしまったり、食欲がなくなったり、眠れなくなる場合もあります。

 

これらの症状はアレルゲンという物質(花粉などのアレルギーを起こす原因物質)が身体に入らないようにする一種の防衛反応として起こります。

 

治療は、まず鼻炎の症状がアレルギー性かどうかを調べ、アレルギー性であれば、何が原因かを検査します。

 

治療の目標は、「症状はあってもごく軽く、日常生活に支障がない、薬もあまり必要としない状態」で、薬物療法特異的免疫療法手術療法があります。

 

医療の力を借りながら、自分のできる事で、生活環境を改善することもとても大切です。

 

花粉の多い日は、外気を入れないように窓や戸を閉めておくことや、外出時は、花粉防御用のマスクやメガネなどを着用すること。

 

また、帰宅時は衣服や髪の花粉を払い落とし、手洗い、うがい、洗顔、鼻をかむ、もしくは洗うようにすると良いでしょう。

 

玄関に、空気清浄器を用意するのも方法かもしれません。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ