鼻炎とは

鼻炎とは

鼻炎とは

鼻炎とは、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状のことを表します。

 

ウィルスやアレルギーの原因物質(花粉やダニ、ほこりなど)などの異物が体内に混入すると、これらを排除しようとする働きがあります。

 

鼻に入れば、侵入を防ぐように鼻づまりが起きます。

 

くしゃみや鼻水は原因物質を体外に追い出しています。

 

具体的には、異物が体内に入ることで、まず異物を何でも食べる細胞「マクロファージ」が食べ、その情報を「リンパ球」に伝えます。

 

リンパ球は異物と認識して、次に入ってきたらすぐに攻撃できるよう、目印となる「抗体」を作ります。

 

抗体は血液や粘膜内にある「肥満細胞」にくっつきます。

 

再度異物が体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、異物と抗体は鍵穴のように結合します。

 

これが鼻の粘膜に存在する肥満細胞から、ヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンという化学伝達物質が放出される引き金になっています。

 

ヒスタミンは鼻粘膜の知覚神経を刺激してくしゃみ・鼻水に、またロイコトリエンやトロンボキサンなどは血管を刺激して鼻づまりに関係していると考えられています。

 

鼻炎には、風邪の症状として現れる「急性鼻炎」と急性鼻炎が慢性化した「慢性鼻炎」とアレルギーによって現れる「アレルギー性鼻炎」があります。

 

どの症状も病院で医師と相談し、しっかりとした治療と日常生活の見直しで改善されていきますので、諦めずに行っていきましょう。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ