鼻炎の種類「急性鼻炎」

急性鼻炎とは

急性鼻炎とは

急性鼻炎とは、一般的な「鼻風邪」のことで、ほとんどが風邪のウィルスによって引き起こされます。

 

代表的なウィルスとして、

  • RSウィルス、
  • インフルエンザウィルス

などが挙げられます。

 

 

細菌感染や副鼻腔炎などを併発する場合もあり、しっかり治療する必要があります。

 

主な症状として、
鼻づまり、鼻水、くしゃみなどですが、鼻汁は水ぽいものから粘ついたものに変化していき、鼻呼吸が困難になり、嗅覚がマヒするだけでなく、味覚も落ちます。

 

鼻声になり、呼吸が苦しいです。

 

細菌感染してしまうと、膿を持った黄色の鼻汁が出ます。

 

鼻の症状以外にも、発熱、頭痛、喉の痛みなどが出る場合もあります。

 

症状が進むと、
粘膜の腫れが中耳のまで到達し、中耳炎や副鼻腔炎を引き起こします。

 

また、ひどくなると咽頭炎や気管支炎も併発する可能性があります。

 

検査は鼻汁が実施される場合がありますが、通常は風邪と同様の問診と視診で判断します。膿性の鼻汁が出ている場合は二次感染の疑いがあるので、血液検査や胸部X線の検査を行うこともあります。

 

治療は
一般的な風邪薬で処方されます。

 

鼻汁を抑えるための抗ヒスタミン薬や鼻の通りを良くする粘液溶解薬等もあります。

 

症状に応じては、解熱剤や抗生物質を処方されることもあります。

 

鼻風邪だからと甘く見ていると治療も長引いてしまいますし、自分自身もつらいですので、しっかり早めに対処し、治療していきましょう。

 

普段の予防では風邪対策として、
  • 外から帰ったら必ず手洗いうがいをすることや、
  • バランスの取れた食事や十分な睡眠

も大切です。

 

また、人ごみに行く際にはマスクを着用することをお勧めします。

 

日頃の心がけで健康で充実した毎日にしたいですね。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ