鼻うがいのやり方

鼻炎に効果的な鼻うがい

鼻炎に効果的な鼻うがい

今の時期、花粉症やアレルギー性鼻炎で悩む方は多いと思いますが、私もその一人です。

 

鼻水、鼻づまりで頭がボーっとしたり、匂いもわからなかったり、だるさが続いたり、鼻のかみすぎで鼻が痛かったり、本当に不快です。

 

薬頼りも必要ですが、私は鼻うがいをお勧めします。

 

最初はとても抵抗がありました。

 

プールで鼻に水が入る「ツーン」とするのが大嫌いでしたので、自分から鼻に水を入れるなど無理だと思っていました。

 

しかし、やってみると今まで悩んでいた鼻の症状が改善したので、やってみて損はないですし、慣れれば手洗い感覚で簡単にできるようになります。

 

鼻うがいは、鼻の中に生理用食塩水や専用の洗浄液を入れ、鼻の中を綺麗に洗うことで、粘着性の高い鼻水も洗われたりすることで、鼻のとおりもよくなり、粘膜の腫れも改善していきます。

 

使用方法ですが、鼻がツーンとならないように、生理用食塩水を使用します。

 

水200mlに対し塩を2g入れます。

 

これは、人間の浸透圧とほぼ同じにするためです。

 

水道水をそのまま使用しますと、ツーンとするだけでなく、塩素が粘膜を傷つけてしまう場合がありますので、使用する水は洗浄水やミネラルウォーターをお勧めします。

 

なければ、水を一度沸騰させて煮沸してください。

 

どちらか片方の鼻の穴から吸っていきますが、怖いようでしたら、口の細い容器やスポイトに入れて鼻の穴に入れていっても良いです。

 

口から出しますが、最初は鼻からそのまま出しても良いです。

 

慣れてきたら飲み込まずに口から出せるようになります。

 

ヌルヌルしたものが出てきますので、ヌルヌルがなくなるまで行ってください。

 

朝の洗顔後でも、帰宅後でも、お風呂中でも好きな時間に行ってください。

 

ただし、鼻うがい後に鼻をかむことは絶対にしないでください。

 

水が残っている状態なので、気になってしまいますが、鼻をかんでしまうと、耳の方に水が行ってしまい、中耳炎の原因になります。

 

自然に水が出てきたら、タオルなどで拭く程度にしてください。

 

とても爽快な気分になり、鼻も心も楽になります。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ