鼻炎のレーザー治療

レーザー治療で鼻炎を改善

レーザー治療で鼻炎を改善

この時期、花粉症で不快な毎日を過ごしていらっしゃる方も少なくないと思います。

 

忙しくて耳鼻科に通院できない方や薬を飲んでも効き目が弱い方、日常生活に支障をきたし始めている方はレーザー治療をお勧めします。

 

レーザー治療とは、くしゃみ、鼻水、鼻閉、鼻アレルギーや慢性鼻炎などに行う治療で、鼻の中の粘膜に弱い出力のレーザー光を照射して、粘膜の腫れやむくみを取り除く方法です。

 

レーザー光の種類はいくつかありますが、炭酸ガスレーザーを使用している病院が多いようです。

治療も比較的簡単なようで、薬液のついたガーゼを鼻に入れ、鼻の粘膜を麻酔するか、病院によっては注射麻酔もあるようですが、麻酔が効いてからレーザー光を鼻粘膜に照射します。

 

処置自体は10分くらいで終了します。

レーザー光で焼かれるにおいが少しするのと、深い部分に当てるため、少し痛みを感じる程度です。

 

日帰りで実施され、その日の制限は特にありませんが、あまり強く鼻をかまないようにした方がよいようです。

 

基本的に1回の治療で終了です。

個人差や症状で違いかありますが、大体1回の治療で75%くらいの効果があるそうです。

 

治療後は、鼻水が長くて1週間くらい続き、粘膜についたかさふたが少しずつはがれていきます。

 

2,3日は鼻づまりがあるようですが、その後は改善していきます。

残念ながら、永久的なものではなく、個人差がありますが、5,6年後少しずつ再発していきます。

 

しかし、長年鼻炎に苦しみ、半年味覚のない状態だった頃に比べれば天国だという方もいます。

 

費用は保険が適応されますので、10000円弱でできます。

 

鼻炎で長年悩んでいる方、まずは耳鼻科に相談してみてください。

 

ずっと苦しまない方法を一緒に見つけてくれるかもしれません。


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ