鼻炎治療「内服薬」

鼻炎治療に効果的な内服薬

鼻炎治療に効果的な内服薬

鼻炎治療には、患者様によって様々ですが、外用薬として点鼻薬、症状によって一緒に内服薬を併用する場合があります。

 

内服薬の種類もいくつかありますが、

  • 抗ヒスタミン剤、
  • 抗アレルギー剤

を使用するのが一般的です。

 

重症の方はステロイド剤を使用します。

 

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンがヒスタミンの受容体と反応するのを妨害してアレルギー反応を抑制するものです。

 

ヒスタミンは、抗原抗体反応、アレルギー反応の時や外傷、熱傷の時に毒物、薬物の侵入時に遊離されます。

 

そして、毛細血管の透過性を亢進させて炎症反応を起こし、気管支や腸平滑筋を収縮させます。

 

初期の抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンを抑制するだけでなく、中枢神経抑制作用と、抗コリン作用(副交感神経抑制作用)がありました。

 

中身は同じもので、鎮痛剤や乗り物酔い止めなどの商品でも販売されていますが、共通する副作用に眠気があり、車の運転や危険な作業には支障をきたします。

 

抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代に分かれています。

 

今までのものは第一世代です。

 

それを改善するべく、中枢神経抑制作用と、副交感神経抑制作用を弱くしたものが研究、開発され、第二世代というものが生まれました。

 

現在では、第二世代は抗アレルギー剤に分類されます。

 

第一世代よりも眠気が抑えられて使用しやすくなっています。

 

抗ヒスタミン剤はくしゃみ、鼻漏、かゆみには効果的であるが、鼻閉には効果がなく、ロイコトリエン拮抗薬という抗アレルギー薬が有効である。

 

それぞれの症状に応じて適切な薬がありますので、医師に相談の上、使用上の注意をよく守り、治療していきましょう。

 


トップページ 鼻炎の基礎知識 鼻炎の種類 鼻炎治療 鼻炎茶 サイトマップ